スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのスパム

スパムというランチョンミートの缶詰を一つ、いただきました。
開缶して、そのままでも食べられるそうです。
スライスして、おにぎりやサンドイッチにしたり、
サラダに使ったり。
コンビーフのようなものかと思っていたら、
ちょっと違いました。
ハムに近いです。
でも、ツナ缶のような、においもします。
スパム
そのままで、ちょっとだけ味見しました。

やっぱり、焼いたほうが、おいしそう。

今日、またゴーヤが一つ採れたので、
ゴーヤを使っての、野菜炒めに、このスパムを加えることにしました。
それから、熟して赤くなった万願寺トウガラシ、ニンジン、シメジも。
味付けは、塩、胡椒、ハーブ塩で。
色鮮やかです。
そして、味も、いけました♪
子どもらも気に入ったらしく、
「おかわりは?」と尋ねてました。(おかわりは、無し)

今日のメインは、マグロの造りのつもりでしたが、
その量がさみしかったから、食卓に並べてみると、
どんと盛った、派手な色合いの、スパム入り野菜炒めが、
明らかに、メインに代わっていました。
私には、初めての食材。
おいしくいただけました。
ごちそうさまでした!
野菜炒め


これは、私の包丁。
包丁
もともと、牛刀(長いほうの包丁)は、
いつもの料理で使っていたものでは、ありません。
鉄の重い菜切り包丁を10年近く愛用してましたが、
木製の柄が割れてしまったので、
現在休んでいるのです。(柄を修理して再び使いたい)

二本とも、よく切れます。
そのやり方は、正しくないかもしれないけれど、
私は、わりとよく包丁を砥ぎます。

トマトを切ったとき、包丁の重みでトマトがスパッと切れたら、
その汁は、ほとんど出ません。
これは、よく砥いである包丁を使った場合です。

それに対して、トマトに包丁を入れるときに、
その皮が、中にちょっとめり込むようになり、
力を添えなければ切りにくいようなときは、
汁が出ます。包丁が研げていない印です。
オレンジを切るときも、そう。
もし、そうなったら、急いでいるときでも、
砥石を出してきて、研ぎます。
砥いだあとの包丁の切れ味が、快感です。
まな板に包丁がかんかん当たる音がするのではなく、
まな板に包丁が食い込む感じでないと。

ゴーヤを薄切りするときも、砥げていない包丁で切ると、
ワタに近い部分が、緑の部分と一緒にスパッと切れてくれません。
そうなると、連続して軽快に切れないから、不快になります。

今日は、ゴーヤの薄切り、ニンジンの千切り、
万願寺の細切り、キュウリの千切りを、
通して気持ちよく切りたいから、事前に、包丁を砥ぎました。
おかげで、軽快に、気持良く、切れました。

ぺティナイフ(短い方の包丁)は、
かつて、切れ味が悪かったどころか、
激しく歯こぼれもしていました。
だからと言って、このナイフ切れへんな、とも特に思っていませんでした。
こんなものだと思っていました。

あるとき、勤め先のケーキ屋のオーナーが、
「なんや、この切れへんぺティナイフは!ボロボロやんか。」と驚き、
以来、毎日手の空いたときに、
私のぺティナイフを砥いでくれました。
手間をかけて申し訳ないなと思いましたが、
私のナイフは、見違えるように、よく切れるようになりました。
オレンジをカルチェ取り(房に取ること)しても、
汁がしたたらないし、グレープフルーツの厚い皮にも、
ギコギコしなくても、すっとナイフが入っていくのです。
フルーツのカットの仕上がりも、変わるというものです。

このときからだと思います。
包丁の切れ味に、快感を覚えるようになったのは。

静かな早朝や、夜に包丁を研いでいると、
昔話「三枚のおふだ」の鬼ばばが、小僧食べたさに、
にやりとして、包丁を砥ぐ場面をよく思い出します…




ブログランキングに、参加しています。
クリックしていただけると、嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

暑い日が続いておりますね。
でも、子供たちは元気いっぱいでしょう。
(後1ヶ月だ)
私も包丁は、たまに研ぎます。
研いだ後の切れ味は、とってもスッキリです。
そろそろまた研がねば・・・・
どれくらいの頻度で、研がれているのでしょうか?
(切れ味が悪くなった時だと思いますが、だいたいで)

適当なんですが

子どもらは元気すぎて、
こちらが音をあげそうです。

タカダカズヤさん、料理されるんですね♪
私の包丁砥ぎの間隔は・・・
適当です。それこそ、切れ味が鈍く感じたら、です。
または、気持いい切れ味を味わいたいとき、です。
1~2週間くらいとか、短ければ、
昨日砥いだけど、今日も砥ぐ、とか。
もしかして、タカダさんは、
もっと高頻度なんですか??
プロフィール

Sweet Uovo(スイートウーボ)

Author:Sweet Uovo(スイートウーボ)
既に食べ盛りを迎えている9才と11才の二人の息子と夫、魚や虫と暮らしています。
食べた人の顔がほころぶようなお菓子を心を込めて作っていきます。見た目は素朴でも、素材の滋味を感じられるお菓子を。

パンとお菓子Sweet Uovoのホームページ↓
sweet uovoは、ブログランキングに参加しています
下のバナーをクリックしていただけたら、とても嬉しいです♪

FC2Blog Ranking

応援していただけると嬉しいです↓
こちらも、応援を宜しくお願いいたします↓
カテゴリ
Sweet Uovoの記事いろいろ…↓
お問い合わせはこちらへお願いします
sweetuovoのお菓子・ベーグルに関するお問い合わせは、こちらまで、お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Clock Sweets
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
訪問者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。