スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金柑の甘露煮

金柑をいただいてから、炊かねば、炊かねばと思いながら、
日が経ってしまいました

今日こそは!と、やっと昨日の午後、その下処理に取り掛かりました。
金柑を木から収穫する作業だけでも、時間のかかるものですが、
それをやらないだけでも、ずいぶん楽をさせてもらったわけです。

下処理とは、約3.5kgの金柑のへそを取り除き、
縦に6本くらいの切り込みを入れ、
外皮を破りきらないように、そのすきまから竹串で種を取り除くことです。
最初の何個かは、切り込みを入れた後、丁寧に種を取り除いてみましたが、
時間のかかることといったら…

時計とにらめっこして、途中で早々と降参しました。
へそ取りと切り込みを入れることはしますが、
種取りは省略することにしたのです。
(しわが寄るのを防ぐためにも、切り込みは入れます)

種は、食べたとき口に残れば、出すことにしよう。
焼き菓子などに使うなら、
そのとき使う分だけ、種取りしたらいい。

種取りをやめたら、飛躍的にスピードアップしました。
↓下処理を終えた金柑。
金柑
次に、2回くらいゆでこぼして、
ひたひたの水をはって、柔かく煮ます。
その後、金柑の半量のグラニュー糖を数回に分けて加え、
煮詰めていきます。
砂糖は、一度に加えると、金柑の中まで浸透しにくく、
金柑にしわも寄りやすいと思います。
また、強い火でぶくぶく煮ると、形が崩れるので、弱火でことこと煮ます。
金柑の甘露煮
↑これで、煮詰め終わりとします。
シロップは、そんなにどろどろしていません。
冷めたら、とろみがあるくらいです。
金柑の甘露煮
しわの無い、つやつやした甘露煮になりました♪
大きい粒やら、小さい粒、ちょっと色づきの悪いものなど、
見た目はさまざまですが、庭の木から採ったものをいただいたので、
それも良しです。
うちの子供たちには、
この、柑橘類の皮の独特の味が、まだ受け入れられないようです。
苦くも渋くもないのですが、
「大人の味」なのでしょうか…おいしいのに。

やがて、こういうものをおいしいと思う日が彼らにも来るといいなあ。

金柑の甘露煮
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sweet Uovo(スイートウーボ)

Author:Sweet Uovo(スイートウーボ)
既に食べ盛りを迎えている9才と11才の二人の息子と夫、魚や虫と暮らしています。
食べた人の顔がほころぶようなお菓子を心を込めて作っていきます。見た目は素朴でも、素材の滋味を感じられるお菓子を。

パンとお菓子Sweet Uovoのホームページ↓
sweet uovoは、ブログランキングに参加しています
下のバナーをクリックしていただけたら、とても嬉しいです♪

FC2Blog Ranking

応援していただけると嬉しいです↓
こちらも、応援を宜しくお願いいたします↓
カテゴリ
Sweet Uovoの記事いろいろ…↓
お問い合わせはこちらへお願いします
sweetuovoのお菓子・ベーグルに関するお問い合わせは、こちらまで、お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Clock Sweets
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
訪問者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。