スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年につなぐ楽しみ

去年も、夏の終わりにたくさんのカブトムシの幼虫が、
我が家の飼育ケースの中で生まれましたが、
今年もまた生まれています。

2週間ほど前、日中に土の上に糞をしに出てきている5匹の幼虫を確認した私は、
今年は5匹か、と思い込んでいました。
それほど深くない土の中に、それ以上の幼虫がいるとは考えもしなかったので。
カブトムシの幼虫
↑土の上に出てきていた幼虫。(2週間ほど前の写真)
9月半ばで既に大きな成虫くらいの大きさの幼虫になっていました。
土にもぐっていくカブトムシの幼虫
↑糞をし終わったからか、フラッシュのまぶしさでか、
土の中にもぐっていく幼虫。(2週間ほど前の写真)
幼虫の周りの俵がたのころころしたものが、糞。うさぎの糞くらいの大きさです。
カブトムシの幼虫は、体が大きいから、糞も大きいんですね…
体表が硬いのか柔らかいのか、触ってみる気にもなれないのでわかりませんが、
とにかく丸々太っていて、つやつやです。

どこかの国では、これを捕まえて、そのまま食べてたなあ。
とろっとしておいしいし、貴重なたんぱく源にもなるとか言って。(テレビの映像で)

丸々した幼虫を見ると、いつもあの映像を思い出して、ぶるっとします。
確かに中身はとろっとしてそうだし、栄養もありそうだけど…
食習慣は地方によって、国によって、違うんだから。
そうしめくくって、あの映像を、頭の中で封印しておくのです。

三日前、糞の除去と、土(朽木)の入れ替えのため、
ガレージで、飼育ケースの中身を全部出しました。(夫と子供たちが)
私が「5匹いた」と言ったので、そう思い込んだ夫はびっくりしたようです。
「5匹どころか、17匹もいるで!」報告しにきました。
カブトムシの幼虫
↑健在の幼虫17匹。(三日前の写真)
4歳の息子の手のひらいっぱいの大きさです。

たっぷりの朽木を入れ替えてもらった幼虫は、
またもりもりとそれを食べ、やがてさなぎになって、
来年の夏、立派なカブトムシの成虫になって、出てくるのです。
すぐには結果の得られない楽しみのひとつです。
(特に夫にとって)
スポンサーサイト

心地良い緊張感

プレーンベーグルとクランベリーベーグルを、作らせていただきました。
私の気まぐれなプレゼント用とか、
焼き加減や工程を変えてみようという失敗覚悟の試作ではなく、
リクエストを受けてのベーグル製作なので、緊張感がありました。

プレーンベーグル&クランベリーベーグル
↑焼きたての、プレーンベーグルとクランベリーベーグル。

クランベリーベーグル
↑クランベリーベーグル。
鮮やかな赤色の、甘酸っぱいドライクランベリーがたっぷり入っています。
プレーンベーグル
↑プレーンベーグル。
食べ方にアレンジがきいて、常備しておきたい一品です。

どちらも焼き色がしっかりめについていますが、
硬いわけではありません。
ふんわり、でも、もっちもちの仕上がりです

ベーグルまで作らせていただき、ありがとうございました!

また、心地良い緊張感を持たせていただいたことにも、感謝します
今後も、お菓子作りパン作りの腕をみがいていこうと思います。


手みやげ用の焼き菓子詰め合わせ

爽やかな秋晴れの続くこの数日は、空気もからっとしていて、
クッキーを焼きやすい日でもありました。

焼き菓子詰め合わせを用意するために、
お菓子を続けて作ってきました。
ごま入りエダムチーズサブレ
↑こんがり焼けた、ごま入りエダムチーズサブレ。
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー
↑こちらもこんがりの、しょうがとはちみつ入りきなこクッキー↓
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー

抹茶とホワイトチョコのケーキ
↑焼き菓子詰め合わせに初めて入る、抹茶とホワイトチョコのケーキ。
生チョコのようなねっとりした食感の濃厚抹茶味のケーキです。
一辺が2cm強の四角いケーキを12粒並べて、ワックスペーパーで包んでから、
脱酸素剤包装にします。
一度に食べきらないときは、またワックスペーパーに包んで、
袋に戻して保存できます。袋にケーキがぺたぺたくっつかなくて、便利です。
開封後は冷蔵庫に保存すれば、10日はおいしく食べられます♪
冷蔵庫から出したての冷たいのをそのまま食べて、
口の中でとろけるのもおいしいですが、
室温に戻して、やわらかくしてから食べるのも、おすすめです。
口に入れた瞬間ふわっとした食感で、その後、とろけていきます。

包装した抹茶とホワイトチョコのケーキ

焼き菓子詰め合わせ中身
↑焼き菓子詰め合わせの中身。
バニラキッフェル 2個入り×2袋
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー 3個入り×2袋
抹茶のフィナンシェ 3個入り×2袋
カントリークッキー 3個入り×2袋
ごま入りエダムチーズサブレ 10枚入り×1袋
抹茶とホワイトチョコのケーキ 12粒入り×1袋
焼き菓子詰め合わせ
↑リボンをかけて、包装完了♪


久しぶりに会うお友達への手土産にされるとのことで、作らせていただきました。
楽しいひと時を過ごしてきてくださいね
いつもありがとうございます!!

ベーグル食べ比べ

プレーンベーグルとチョコベーグルを続けて焼きました。

プレーンベーグル焼きたて
↑焼きたてのプレーンベーグル。
においもいい。指で押したときの弾力もいい。ほどよい目詰まり感です
むちっとした感じが伝わるでしょうか…
プレーンベーグル焼きたて
バターをはさんで食べてみて…
噛むほどに素材の滋味を感じられる、飽きのこないおいしさです。
幸せな朝食になりました
チョコベーグル断面
↑ひと晩たったチョコベーグルを切ってみました。
私のは、生地の成形時にチョコを巻き込むので、
表面にはチョコがほとんど見えませんが、中にはしっかり入っています。
生地は、甘みの少ない、ほろ苦いココア味です。
チョコが入るので、スイーツにもなるのでしょうが、
私と子供たちは、朝ごはんに食べるのです


さて、こちらはベーグル食べ比べをしようということで、
近隣のパン屋さんで買ってきたベーグルを並べたものです。↓
ベーグルくらべ
写真右上がグラノーラ、右下がプレーン、左下がブルーベリー。
左上は私作のチョコベーグルです。
種類の異なるものを食べ比べても、その違いは表しにくいもの。
プレーンとプレーンで食べ比べると、違いがわかりやすいです。

どっちが好みかと言うと…

私は自分のほうが好みです。
好みはひとそれぞれだと思うので、
そう思わない人ももちろんいるとは思いますが。

お菓子を作り続けるには

どなたかにプレゼントされる(?)焼き菓子の詰め合わせとご自宅用のお菓子を
作らせていただいていました。
直接面識ある方ではないのですが、
以前私のお菓子を召し上がってくださってのご依頼です。
私にとって、とても嬉しいことです♪
SweetUovoを選んでいただき、どうもありがとうございました。

今回のお菓子は、その方にとって初めてのものがあるので、
気に入っていただけるか、作り手にとっては、気が引き締まる思いです。

詰め合わせ中身
↑詰め合わせの中身。
バニラキッフェル 2個入り×2袋
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー 3個入り×2袋
抹茶のフィナンシェ 3個入り×2袋
カントリークッキー 3個入り×2袋
ごま入りエダムチーズサブレ 10枚入り×1袋
焼き菓子詰め合わせ


私のお菓子が、全ての人に受け入れられるとは思わないけれど、
自分が納得して作っているお菓子に共感してもらえたときは、
お菓子作りをしてきて良かった!と心から思うときでもあります。

いつも自信たっぷりにはお菓子を作れないので、
共感していただけたという貴重な体験が、
次のお菓子を作り続ける意欲につながっています。
私のお菓子を口にしてくださる人が増えるほど、
ますます、常に安定した味を作り続けることが大切だと感じています。






お菓子にも塩味系を

私好みのお菓子を、自分が納得する味に作ることができるようになれば、
それをレギュラーにしています。
何をするのも時間のかかる私ですが、
お菓子をレギュラーにするのにも、時間がかかります。
頭でイメージするものを実物にできた時は、喜びもひとしおです。

昨日焼いた、ごま入りエダムチーズサブレ、これはレギュラーです。

チーズを使ったクッキーが作りたい。
でも、甘くないのがいい、塩味系の。
お菓子を食べたいけど、甘いのは要らないっていうときがあるから。

そんなことを考えて、作り始めたクッキーです。
ごま入りエダムチーズサブレ
以前から何度も登場していますが、再び紹介を。
エダムチーズをたっぷり使った、甘みの入らないクッキー。
いりごまは、香ばしさと軽い食感を出す役目。
カルダモン、ナツメグ、黒コショウといったスパイスも、
チーズの味を引き立てます。
この生地は、チーズの生っぽい風味が抜けて、
香ばしい風味になるまでしっかり焼きこむのがおいしいのです。
(苦味が出る直前でとめます)
私が、ナチュラルチーズの中でも、風味のきついものが苦手だということも、
この味にすることにつながっているかもしれません。

できあがってみると、お菓子としてもちろんおいしく食べられるのですが、
アルコールともよく合うことがわかりました。

良いと思えば今後の改良もありますが、
今はこの、ごま入りエダムチーズサブレは、お気に入りのひとつです

秋からのクッキー

台風一過でからりと秋晴れかと思いきや、続いて雨が降ったりやんだり。
今朝は、肌寒ささえ感じました。

↓そろそろ、こんなクッキーが登場する季節です  
カントリークッキー焼きたて
カントリークッキーとよんでいますが、
使う材料は、人により、レシピにより、実にさまざまです。
私のは、チョコチップ、くるみ、パンプキンシード、いりごまが、
きなこを混ぜ込んだ生地でつながっているという感じです。
(生地の中にチョコやナッツ類が点在しているのではなくて)
ナッツ類は、変えることがありますが、
生地に対する具の密度はいつもこんな感じです。
カントリークッキー
きなこ風味で控えめな甘さの生地と、チョコやナッツ類が、
口の中で混ざり合うのを楽しみながら、
ざくざく、ぼりぼり食べるクッキーです
カントリークッキー断面
温かいコーヒーとともにいかがでしょうか
自分がコーヒー好きなので、
いつもコーヒーとの組み合わせを思い描いてしまうのですが、
コーヒーは、口の中で、クッキーの味と調和します。
紅茶なら、クッキーの味を口の中で洗い流すイメージです。
コーヒーでも紅茶でも日本茶でも、好みに合えば、何でもいいのですが。

プレーンベーグルおみやげ用

昨日は、幼稚園が休みの次男を連れて、友人宅にお邪魔しました。

予約してもらっていたカフェで一緒にお茶しましたが、
子供付きなので、そこで長居はできません。
飲むもの飲んで、食べるもの食べたら動きたくなるのが子供ですから。

カフェからはそうそうに切り上げて、
友人宅に戻って、絶えない会話とともに、
ゆったりしたときを過ごさせてもらいました♪
しかも、ご主人作のビーフシチューなどに舌鼓を打ちながらなので、
まさに至福のときでした。

こんな充電をさせてもらって、ほんとうにありがとう。


その友人への手みやげにと昨日早朝焼き上げたのは、プレーンベーグル。
今朝の朝食に、好みの食べ方で、食べてもらえたら…
おみやげのプレーンベーグル

食べやすいお菓子

抹茶のフィナンシェを焼きました。
残暑が厳しく、こってりしてしっかり甘いものへの食欲が失せる時でも、
この抹茶のフィナンシェは、食べたくなるお菓子です♪
抹茶のフィナンシェ焼成中
↑焼成中の抹茶のフィナンシェ。
オーブンに入れてから数分後。生地がぼわんと盛り上がってきました。
色づいて焼きあがる頃には、すとんと落ち着きます。

抹茶のフィナンシェ
↑焼き上がった抹茶のフィナンシェ。
焼き立ては、食べ頃とは言えません。
時間が経ってしとりが出てからが、食べ頃です。
翌日以降ですね。焦がしバターの風味が効いた、しっかり抹茶味のお菓子です。

さて、冷めた後、脱酸素剤を入れて包装したのですが、
無心に何袋かをシーラーで圧着してから、ふと失敗に気付きました。
袋の切り口より下に、シーラーをあててしまったのです。
これでは、手で切り口から破ったとき、圧着した部分を破りきれず、
ハサミで切り直さないといけない場合があるのです。
↓写真左上を見るとわかりやすいです。
手で破れにくい包装の抹茶のフィナンシェ

↓こちらが正しくシーラーをかけたもの。(拡大すると見やすいです)
手で破りやすい包装の抹茶のフィナンシェ
ちょっとつまもうとしたお菓子が、手であけにくかったり、
ハサミを備えていない場所にいるのに、
ハサミがないと開封できない包装だったりして、
がっかりしたことが何度もあるので、
私の焼き菓子では、なるべくそういうことが無いようにと、
シーラーをかける場所を注意しています。
なのに今回は、切り口を目で確認しながらも、
何袋かは、それより下を圧着し続けていました。
確認の上の確認が足りなかったのか…
失敗の何袋かは、包装しなおしました。
抹茶のフィナンシェ
お菓子は、おいしいことがいちばんですが、
焼き菓子は特に、食べやすいことも大切だと思います。
上に挙げた、包装の開けやすさもそうですが、中のお菓子もです。
ベーキングカップに入った焼き菓子を食べようとして、
カップをはがそうとしたらお菓子がぼろぼろに崩れるなんていうのも、残念です。
食べにくくて、作った人は、自分で食べてみたんだろうかと思ったことが
何度もあります。
ベーキングカップに生地を流して焼けば、そのまま包装できて体裁も良く、
型の掃除という、作った人の手間も省けて便利です。
作るお菓子の種類によっては、もちろん私も使うことがあります。
でも、崩れるお菓子の粉を、
スプーンですくって食べないといけなくなるようなお菓子は、遠慮したいです。
「カップから外さず、スプーンですくってお召し上がりください」と
注意書きがあるならまだしも。

おいしいことはもちろん、食べやすいお菓子であることも心がけたいと思います。

クッキー2種焼けました

三連休の真ん中は、どこへ行くでもなく、家で過ごしました。
子供たちは、自分たちが休みの日にパパも休みであること、
それだけでも嬉しいようです。
庭でキュウリを引き抜いた後の土を掘り返したりして、
汗まみれの土まみれになっていました。

私は、家の中で、クッキーの生地を仕込んだり、焼き上げたりしていました。

焼き上がった、しょうがとはちみつ入りきなこクッキー。
名前を聞くだけで、体にやさしそうですが、おいしいことが一番だと考えています。
おいしいのに体にもやさしい、そんなお菓子作りを心がけていますが、
このクッキーもそうです。
やっぱり、しっかり焼きこんだ方がおいしいクッキーです♪↓
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー

焼き立てのバニラキッフェル。
こちらは、しっかり焼き込まないクッキー。(半生ではなくて)
白っぽく焼き上げます。↓
バニラキッフェル焼き立て

バニラシュガーをまぶして仕上がったバニラキッフェル。
このバニラシュガーは、きび砂糖に、バニラをさやごと粉砕したものを
混ぜ合わせています。生地中にもバニラビーンズを練り込んであるので、
とっても甘い香りのクッキーです。↓
バニラキッフェル出来上がり
ふんわりとした食感の、ケーキのようなクッキーです。
これまで何度も書いてきましたが、
とっても甘い香りと裏腹に食べて感じる甘さはかなり控えめです。
バニラキッフェル断面
プロフィール

Sweet Uovo(スイートウーボ)

Author:Sweet Uovo(スイートウーボ)
既に食べ盛りを迎えている9才と11才の二人の息子と夫、魚や虫と暮らしています。
食べた人の顔がほころぶようなお菓子を心を込めて作っていきます。見た目は素朴でも、素材の滋味を感じられるお菓子を。

パンとお菓子Sweet Uovoのホームページ↓
sweet uovoは、ブログランキングに参加しています
下のバナーをクリックしていただけたら、とても嬉しいです♪

FC2Blog Ranking

応援していただけると嬉しいです↓
こちらも、応援を宜しくお願いいたします↓
カテゴリ
Sweet Uovoの記事いろいろ…↓
お問い合わせはこちらへお願いします
sweetuovoのお菓子・ベーグルに関するお問い合わせは、こちらまで、お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Clock Sweets
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
訪問者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。