スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシューナッツ&チョコチップサブレ

風邪やインフルエンザのため、ずっと家にこもって遊んでいる子供たち。
おやつに子供たちの好きそうなクッキーを焼きました♪
これは私の気ままな思いつきであって、
子供たちはスーパーで買ってきたお菓子の方が喜んだかもしれないのですが・・・

ローストしたカシューナッツとチョコチップの入ったココア生地のサブレです。
カシューナッツ&チョコチップサブレ
カシューナッツ&チョコチップサブレ
サブレと言うからには、砂のようにほろほろと崩れるような食感でなくてはなりません。

ちゃんと崩れますよ!
食感が軽くて、甘さもやさしいから、いくらでも食べられそうで怖いです

今回は、このサブレがいっぱい入った容器ごと子供たちの前に出してあげました。
あえて個数制限なしです


スポンサーサイト

ころころパン

長男の長い風邪が終息したかとほっとする間も無く、
入れ替わりに次男が、今度はインフルエンザに感染してしまい、
また外出禁止期間が延びました。
貴重な春休みのほとんどを、家にこもって過ごすことになりました。

次男は、遅ればせながら服用したタミフルが効いているらしく、
熱もずいぶん下がり、元気に遊ぶようになりました。

外出しないと決まっているんだから、パンでも作るか・・・

今日は、ベーグルではありません。
まんまるなころころパンです。
ころころパン
↑ころころパン。仕込み水を牛乳で。
むっちりとひきがあり、そのまま食べるのもおいしい素朴なパンです。
イーストは控えめにしましたが、じゅうぶんふんわりしてくれました♪
ころころパンチーズ入り
↑ころころパンのさいころチーズ入り。
チーズ好きな子供たちの受けを狙って、チーズを包んでみました。
焼成前に切れ目を入れたのと、丸いままのとを作りましたが、
子供たちは一見してーズが見えている方を迷わず選んでいました。
どっちも同じだけチーズが入ってるよと説明しても、
やはりチーズの見えている方に、食欲をそそられたようです。
当たり前ですが、見た目って大事なんだなあと再認識させられた瞬間です。

焼きあがったのが、ちょうど小腹の空くおやつタイムで良かったです♪
焼きたてがほど良く冷めた、いちばんおいしい時に、子供たちに食べてもらえたので


*ころころパン*16個
強力粉(春よ恋ブレンド)   600g
きび砂糖              24g
インスタントドライイースト   10g
塩                  10g
無塩バター            36g
牛乳                390g

ミキシング            ニーダー15分
捏ね上げ温度           24℃
一次発酵             30℃60分
ベンチタイム           室温30分
二次発酵             30℃40分
焼成               210℃14分(240℃余熱)             




歯が鍛えられそうなベーグルラスク

レーズン酵母とデコポン酵母で作ったできの悪いベーグルを、
そのままで全部たべるのもなんだかなあ・・・

そうだ!いっそ全部ラスクにしてしまおう!

ベーグル1個を8等分にそれぞれ切り刻んで、プレートにびっしり並べて、
岩塩と黒こしょうをガリガリと挽きながらふりかけます。
最後にオリーブ油を全体に回しかけて、180℃のオーブンで、こんがりと焼きました。
ベーグルラスク
↑ベーグルラスク。
すごーく堅いです。歯の悪い人はご用心!
奥歯でボリボリガリガリと噛み砕くと、頭の芯までその振動が響きます。
伊賀の堅焼きを超えたかと思うほど。
でも、その振動に耐えつつ噛み砕いていくと、
岩塩と黒こしょう、オリーブ油のシンプルな味に粉の旨みが合わさって、
何とも言えない滋味が感じられます。

これ、止まらへんな。
始めは堅さに閉口した夫も、あと引く味に目覚めたようです。
朝ご飯の続きに、おやつにと、子供たちも大きな音を立てながら、
このラスクを、好んで食べています。

失敗ベーグルも、日の目を見たというものです








クッキー6種類箱詰め

先日仕込んだクッキー生地を焼きました。
バニラキッフェル(三日月形のクッキー)とココアのスノーボールです。
バニラキッフェル焼き上がり
↑バニラキッフェル焼き上がり。
冷めたら、バニラシュガーをまぶして出来上がりです。
生地の中にもバニラビーンズをたっぷり使い、
仕上げにもきび砂糖にバニラビーンズを混ぜ込んだものをまぶしてあるので、
とっても甘い香りのクッキーになります。
でも食べてみると、香りと裏腹に控えめな甘さ。
ふんだんに使ったアーモンドパウダーが香ばしさと、
ふんわりしたケーキを思わせる食感をかもし出します。

ココアのスノーボール焼き上がり
↑ココアのスノーボール焼き上がり。
冷めたら、粉砂糖をまぶして出来上がりです。
これもアーモンドパウダーをふんだんに使ったクッキーで、香ばしさに加えて、
口の中でふわっと崩れるような食感があとを引きます。
粉砂糖をまぶしてあってもやさしい甘さ。
ココアがかなり効いているので、心地良いほろ苦さを感じられます。

先日のとあわせて、6種類のクッキーが揃ったところで、贈り物用に箱詰めします。
クッキー箱詰め中身
↑きなこのスノーボール、抹茶のスノーボール、
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー、パンプキンシード入り抹茶サブレ、
バニラキッフェル、ココアのスノーボールの6種類が入ります♪

クッキー箱詰め包装
↑リボンをかけて、出来上がり!
どなたの手元に届くのかわかりませんが、皆さんに至福のひと時が訪れますように


レーズン酵母で食パンロール

昨日から取り掛かっていた、レーズン酵母の食パンロール。
1次発酵を終えて、分割に移りたいなと思うも、
他のことに時間をつぎこんで機会を失い、さらに寝てしまったから、
結局、分割に入ったのは夜中から明け方にかけて。

ロールに成形するのに、手にくっつき気味で、手荒い扱いをしてしまったから、
傷めつけられた生地がちゃんとパンになるのかなと不安でいっぱいでした。

二次発酵終了の見極めもよくわからないまま、焼成に入ります。
二次発酵中は、もう酵母の活動は終わったんじゃないかと思うほど、
生地がだれっとしてましたが、オーブンに入ってしばらくすると、
そんな酵母も力を振り絞ったらしく、生地を押し上げてくれました
レーズン酵母の食パンロール
↑朝、焼き上がった食パンロール。
巻いた跡は、ほとんど消え去って、表面がのっぺりしています。

噛むほどに味わい深いパンです。

クッキー4種焼けました♪

昨日は4種類のクッキーが焼けました♪
きなこのスノーボール、抹茶のスノーボール、
しょうがとはちみつ入りきなこクッキー、パンプキンシード入り抹茶サブレです。
バニラキッフェル(三日月形のクッキー)までには至らず、
こちらは生地で待機中です。↓
バニラキッフェル生地

きなこのスノーボール&抹茶のスノーボール焼き上がり
↑きなこのスノーボール&抹茶のスノーボール焼きたて。
低めの温度でじっくり焼きます。

しょうがとはちみつ入りきなこクッキー焼き上がり
↑しょうがとはちみつ入りきなこクッキー焼きたて。
かなり色付くまで焼き込みます。その方が断然おいしい♪

パンプキンシード入り抹茶サブレ焼き上がり
↑パンプキンシード入り抹茶サブレ焼きたて。
抹茶の鮮やかな緑が、焼成が進むほどに飛んでしまうのが残念ですが、
抹茶の風味はしっかり健在です♪

昨日焼いた4種類のクッキーは、冷めてからすぐ、仕上げ・包装しました。
今日はバニラキッフェルも焼いて、贈り物用の包装までします。


あれこれと理由をつけては、
子供たちの入園・入学準備はほとんど手付かずのまま・・・
お尻に火が着くまで始められないのは、
3年前の長男の入園準備のときと同じだなあ。

じゃがいもの芽が出ました!

2月下旬にじゃがいもを植えました。
地温を上げて生育を促そうと、マルチをかけて、
芽がマルチを押し上げる日が来るのを、楽しみにしてきました。
最近になって、やっとその日が来ました♪
じゃがいもの芽が押し上げてきたところのマルチを、カッターナイフで切って、
芽をマルチの外に出してやります。(夫が)
ジャガイモの芽
↑小さくてわかりづらいですが、緑の点々が、じゃがいもの芽です。
寒くても、土の中から力強く芽を伸ばしてきてくれました♪

収穫の日に思いをはせて、楽しみます


スモモ
↑これは庭のスモモの花の、かたいつぼみ。
実のつきが良くなるようにと、2種類のスモモを植えてあります。
2本とも、枝じゅうがつぼみだらけです。もうすぐスモモのお花見ができます♪
去年はたくさん実がついて、スモモジャムにしました。
甘いモモの香りと、キュッとした酸味がある、鮮やかな赤い色のジャムは最高です!
今年もたくさん実をつけてくれますように。
(イラガをかわしながら、鳥と争って実を収穫した記憶がよみがえります・・・)


ヒュウガミズキ
↑ヒュウガミズキ。背が低く、四方八方に暴れた枝に、
うつむいた小さくてかわいらしい花が、鈴なりに咲いてくれます♪
今年も見頃を迎えました。

庭に、春の花が次々と咲きます。なにかとわくわくする季節ですね。

食べられなかったお誕生日ケーキ

長男が風邪で発熱して6日目。
未だに高熱が引かないまま、昨日とうとうお誕生日を迎えました。
お誕生日に食べたいものとして、彼が挙げていたのは、
グラタンと麻婆豆腐、それからいちごの乗ったクリームのケーキでした。
「グラタンと麻婆豆腐って、すごい取り合わせやな」と思いつつ、
それに応えてあげるつもりでした。

高熱のわりに、食欲はあるほうだとは思いますが、
さすがに、リクエストしたメニューを、いつもの勢いで食べるのは、無理です。
グラタンと麻婆豆腐は、元気になってから作ってあげることにしました。
「ケーキも元気になってからにしようか?」と尋ねると、
「ケーキは・・・少し食べられる」力無い答えが、返ってきました。

「今日は食べられなくても、ろうそくの火を吹き消すくらいできるかも」
昼前にスポンジケーキを焼き、
夕方、いちごと生クリームでデコレーションしました。
チョコのプレートもつけて、完成です。

結局、夜になっても、回復の兆しは無く、
それどころか、さらに悪化してそうなくらいです。
夕飯はひと口も食べられず、
お誕生日ケーキに、ろうそくを立てるどころではありません。
ケーキは、息子の目に触れないまま、冷蔵庫に入っています。

とにかく今回の風邪は長い・・・
貴重な春休みを、病床に臥して過ごすとは。
今日こそは、回復の兆しを見つけてあげたいものです。

お誕生日ケーキ
↑一応用意したお誕生日ケーキ

おたんじょうびおめでとう。はやくげんきになってね。




レーズン酵母・デコポン酵母でベーグル

2月にスタートしたレーズン&デコポン酵母おこし。
温かな環境を整えてやれなくて、なかなか発酵に至りませんでした。

それでもなんとか、ぶくぶくとわいてきてくれました!
使用した瓶が密閉性に欠けるので、ガスが出てきてもすき間から抜けていたようで、
絞り頃の見極めが難しかったです。
レーズン&デコポン酵母
↑パン種に使う前の状態。盛んにわく頃を過ぎてます・・・

もう絞り頃をとっくに過ぎているのではないかと思いつつ、
粉とエキスを1:1で混ぜて、パン種にしました。
すると、確かに酵母が活動しているらしく、ぶくぶくします。
発酵を安定させるため、また粉とエキスを加えて、かけつぎました。

それから丸1日経って、気泡が落ち着いてきた昨日の朝、
レーズン酵母、デコポン酵母のそれぞれを使って、ベーグル作りです。
レーズン酵母のパン種
↑1度かけついだ、レーズン酵母のパン種
デコポン酵母のパン種
↑1度かけついだ、デコポン酵母のパン種
そのタイミングが正しいのか間違っているのかもわからないまま始めるので、
期待半分、不安半分で、どきどきしながら始めました。
レーズン&デコポン酵母ベーグル成形中
↑棒状に巻いた、上の12本が、レーズン酵母の生地。
棒状の、丸めたの、延ばしたのとあわせて下の12個が、デコポン酵母の生地。

同じ配合で捏ねましたが、レーズン酵母生地に比べると、
デコポン酵母生地の方が、やややわらかめで手にくっつくこともありました。
久しぶりに自家製酵母の生地を扱って、「ああ、こんな感じだったっけ?」と、
それぞれの工程で生地の感触や香りを確かめながら作業します。
レーズン酵母ベーグル焼き上がり
↑先に焼きあがったのはレーズン酵母のベーグル。
ケトリングのときから、ずっしりと重量感があり、いけない予感がしていましたが、
やはりいけない仕上がりとなりました
香りはいいのですが、重すぎです・・・

デコポン酵母ベーグル焼成中
↑あとで焼成に入ったのが、デコポン酵母生地。
これはレーズン酵母生地ほどではなかったけれど、ケトリングで重量感を感じました。
デコポン酵母ベーグル焼き上がり
↑デコポン酵母のベーグル焼き上がり。レーズン酵母のとそう違いは無いけど、
こちらの方が少しはふっくら感があるかな・・・
香ばしい香りの中に、デコポンのと言うより、柑橘系の香りをほんのり感じます。

こんなのでもいいからと、もらってくれる人がいました!
全部で24個のいけないベーグルを
私一人で消費しなければいけないと覚悟をしていたので、ほんとに助かりました
ありがとうございます。次回はもっと向上したベーグルをもらってもらわねば!

1次発酵をもっととれば良かったのかな、パン種の状態が悪かったのかな。
いろんな疑問が残ります。いろいろ考えながら、試行錯誤するのが、
自家製酵母パン作りの楽しみでもあります。
発酵がゆっくりで安定した酵母もあれば、
早くに発酵のピークが来て、急速に酵母の勢いが衰える酵母もあります。
もうしばらく、このレーズン酵母とデコポン酵母と付き合ってみよう♪
それから他の酵母にも挑戦です

*レーズン酵母&デコポン酵母のベーグル*12個
強力粉              600g
パン種(粉:エキス=1:1)  240g
きび砂糖             30g
塩                  14g
水                  280g
モラセス(ケトリング用)    少々

ミキシング          ニーダー15分
捏ね上げ温度         28℃
1次発酵           28℃180分
ベンチタイム         20分
2次発酵           30℃120分
ケトリング          片面50秒ずつ
焼成             210℃18分(240℃余熱、プレートも)     





プレーンベーグル、おいしそう♪ 

納得いくベーグルの追求のため、昨日、またプレーンベーグルを作りました。
パンって、ただ作りたいからと作っても、食事として消費できるのがいいですね。
今日はお菓子の食べすぎだなあなんて、罪悪感を感じないで、
確実に消費できるのだから。

プレーンベーグル ケトリング
↑ぶくぶくしない程度の湯でケトリング。
湯が茶色いのは、モラセスが入っているから。
右上のは、茹で上がったベーグル。プレートが余熱中のため、網の上で待機中。
プレーンベーグル 焼きたて
↑焼けました♪今日のは、最近の私のベーグルの中で一番のできです!
ほぼ全部が、いい顔をしています。
ミキシング、分割、成形、発酵、ケトリング、焼成と全ての過程で、
あ~、しまった~と言うシーンがありませんでしたから。
プレーンベーグル 底割れ無し
↑底割れも無し!
発酵をしっかりとってあるし、プレートの余熱もしてあります。

今後も、いろいろ試して、より納得できるベーグルを目指します

あとで、朝食として食べてみよう



*プレーンベーグル*16個
強力粉(春よ恋ブレンド)     1000g
きび砂糖                40g
safインスタントドライイースト   8g
塩                    20g
水                    560g
モラセス(ケトリング用)      少々

ミキシング            ニーダー15分
捏ね上げ温度           27℃
発酵               32℃40分
ケトリング            片面30秒ずつ
焼成               210℃18分(240℃余熱、プレートも)

プロフィール

Sweet Uovo(スイートウーボ)

Author:Sweet Uovo(スイートウーボ)
既に食べ盛りを迎えている9才と11才の二人の息子と夫、魚や虫と暮らしています。
食べた人の顔がほころぶようなお菓子を心を込めて作っていきます。見た目は素朴でも、素材の滋味を感じられるお菓子を。

パンとお菓子Sweet Uovoのホームページ↓
sweet uovoは、ブログランキングに参加しています
下のバナーをクリックしていただけたら、とても嬉しいです♪

FC2Blog Ranking

応援していただけると嬉しいです↓
こちらも、応援を宜しくお願いいたします↓
カテゴリ
Sweet Uovoの記事いろいろ…↓
お問い合わせはこちらへお願いします
sweetuovoのお菓子・ベーグルに関するお問い合わせは、こちらまで、お願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Clock Sweets
Clock Sweets
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
訪問者数
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。